記事一覧

小さな水族館

おっすおっす|ω・`)ノ ヤァ

金魚の砂利をつつく音とか水面でパクパクしてる音がアシダカグモとかゴキブリ出たときに感じる特有の異音みたいに感じて夜中にゾクッとしてるnoobだよ。この音にゾクッとして天井とかをキョロキョロ…いやまぁ、ゴキブリ今年見てないけどね、幸い( ´Д`)=3 フゥ

さて、家を出る前の最後の記事になるであろう本稿。
90cmスリム水槽でなかなか壮観な景色が見れたので写真に収めてみたお(^ω^≡^ω^)
P_20170913_205921.jpg
これだけ集まるとなかなか壮観じゃない…?

我が家で生まれたグラミーの大多数がそれなりの大きさになって、個体によっては婚姻色をだすくらいには立派になってきた。やっぱり、立ち上げてから1年以上経つ90cmスリム水槽の弱酸性の水質がグラミーに合うのか、どの個体もとても元気で餌喰いもいい感じ。

この前買った「ザリ餌」を与えた数分後の写真なんだけど粒が崩れやすいみたいでその粉末をグラミーがパクパクとついばんでるみたい。崩れやすいってことはそれだけ水を汚しやすい証左なんだけど、飼育個体の多い水槽だと万遍なく餌を各個体に与える事が出来るっていうメリットもあるから、そこは随時使い分けていきたいところ。

肝心のベビー達はどの子も大体3-4cm程度といったところ。多分もう少し大きくなる個体と、このくらいで成長が止まっちゃう子がいると思う。
やっぱり60cm水槽で30匹以上を管理するとなると小型魚故、個体数的にはどうにかなったけど、餌を万遍なく与える、というのが難しい課題だったみたいだね…もし、何らかの繁殖に試みるならそこら辺の失敗を活かしていきたいところ。

現状、90cmスリム水槽は立ち上げて以来、底面F→外部Fに変更した時以外は調子を崩さない非常に飼育者としてはいいサイクルが出来てるな、と自負出来る水槽に仕上がってるよε-(´∀`*)ホッ
やや生体過密だし、エビが想定以上に増えてるせいで水質悪化が速くて定期的な換水をしっかりしなきゃいけないけどね。
とはいえ、生体がやや過密ながら定期的な換水とフィルターによる水質維持が出来てるし、ブラックモーリー以外はトラブルというトラブルと無縁の水槽だからね~…このまま、中にいる子の天寿を全うするまで維持できればいいねぇ…(´ε`;)

…とこんな感じかな。
次は自宅外からイラストネタの更新か自宅に戻ってからの更新になるかな彡(^)(^)
スポンサーサイト

コメント

No title

おぉ・・・あの時の子達ですね!
凄く大きくなりましたねぇ・・・うらやましぃ( ´Д`)

でもやっぱりグラミーだと縄張り争いが心配ですよね・・・でも、水草も多いし案外このままみんな育っていくかも?(´・ω・`)

平和な様子を見ると心が落ち着きますね・・・ありがとうございますm(_ _)m
私も頑張ろう

Re: No title

コメントキタ――(゚∀゚)――!!

もうどの子もほぼ大人と言って差し違えないくらいになりましたね。
縄張り争いに関してはアンブリアとかハイグロフィラナローリーフのおかげでかなり密になっているので見てる限りでは追い回しとかは発生してないみたいですね。
あと飼育数の多さから縄張りが形成されていないという可能性もあります。

お互い大変なこともありましたが…お互い頑張りましょう!ヽ( ^ω^)ノサクセス!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

noobaquarist

Author:noobaquarist
水槽 40cm
空っぽ

水槽 60cm規格(上部F)
飼育個体
後々ブログの記事にするお(^ω^≡^ω^)

水槽 60cm規格(上部F)
後々ブログの記事にするお(^ω^≡^ω^)

水槽 60規格(OF水槽)
金魚(出目、青文、桜錦)

水槽 90cmスリム
飼育個体
コリドラス(7匹)
ミナミ・ヤマトヌマエビ
キラースネール(何故か繁殖中)
ストライプトーキングキャット
ジャガーキャット

水草
アヌビアスナナ
アヌビアスバルテリー

変更次第、更新予定( `・∀・´)ノヨロシク

アクセスカウンター